スポーツ

西武の川越は主力から勉強 定位置獲得狙う

 打撃練習をする西武の川越=メットライフドーム(球団提供)

 西武の川越誠司外野手は定位置獲得へ向け、チームの主力打者から勉強する日々を送っている。山川穂高内野手、森友哉捕手と連日、メットライフドームで自主練習に励んでおり「練習量が多くてきついけど、本当に勉強になることばかり」と充実した表情で語った。

 28日は3人で順番にノックを打つなどして約3時間、練習した。プロには投手で入ったが、打力を買われて昨季から野手に転向。まだ1軍出場はないが、今季はここまで実戦で好結果を残し、開幕1軍入りが有力となっている。

 練習以外は外出を控え、手洗い、うがいも徹底している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス