経済

19年度支払いの保険金1兆円超 災害で値上げ続く可能性

 日本損害保険協会は28日、19年度に発生した大規模な自然災害で、損害保険各社が支払った保険金が計1兆720億円に達したと発表した。最多だった18年度の約1兆6千億円からは減少したが、初めて2年続けて1兆円を超えた。風水害を補償する火災保険料の値上げが続く可能性がある。

 千葉県を中心に被害をもたらした昨年9月の台風15号の支払いは4656億円、東日本の広い地域が水害に見舞われた昨年10月の台風19号は5826億円に上った。

 台風19号では福島県での支払額が1353億円で最も多かった。首都圏のほか、長野県(651億円)や宮城県(444億円)も多額となった。 


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス