国際

北朝鮮異変否定の判断に「自信」 金正恩氏健康悪化説で韓国統一相

 韓国国会の外交統一委員会で発言する金錬鉄統一相(中央)=28日(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の金錬鉄統一相は28日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の健康悪化説について「特異な動向(異変)がないと自信を持って言える。韓国政府は厳格な情報評価を行っている」として、否定的見解を重ねて強調した。韓国国会の外交統一委員会で述べた。

 韓国大統領府は23日に開いた国家安全保障会議(NSC)の常任委員会で北朝鮮内部に異変はないと確認、この判断を一貫して維持している。

 金統一相は、金正恩氏が公の場に姿を見せていないことについて、過去にも動静が伝えられなかったことがあると述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス