経済

米グーグル、13%増収 1~3月、コロナ影響で低水準

 【ニューヨーク共同】米グーグルの持ち株会社アルファベットが28日発表した2020年1~3月期決算の売上高は13%増の411億5900万ドル(約4兆4千億円)だった。新型コロナの感染拡大の影響で、増収率は15年7~9月期以来4年半ぶりの低水準。純利益は3%増の68億3600万ドルだった。

 売上高の約8割を占めるグーグルの広告事業は10%増の337億6300万ドルだった。主力の検索連動型広告は9%増の245億200万ドル。動画投稿サイトのユーチューブの広告は33%増の40億3800万ドル。クラウドサービスは52%増の27億7700万ドルと大幅に伸びた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス