スポーツ

大リーグ、マンシーニ今季絶望的 オリオールズ、結腸がん手術で

 オリオールズのトレイ・マンシーニ外野手(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、オリオールズのトレイ・マンシーニ外野手(28)が28日、3月に手術を受けた結腸がんがステージ3と診断されたと明らかにした上で、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっている今季のプレーは「年内に行われたとしても戻れないだろう」と絶望的であるとした。

 アスリートの寄稿サイト「プレーヤーズ・トリビューン」につづったもので、がんはキャンプ中の血液検査をきっかけに判明した。3月12日に悪性腫瘍を切除、今月13日から化学療法を開始し、6カ月続く予定という。

 メジャー4年目の昨季は、いずれも自己最多の35本塁打、97打点だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス