スポーツ

アルゼンチンのリーグ戦打ち切り サッカー、22年まで降格なしか

 3月15日に無観客で行われたスーペルリーガ杯のウラカン―テジェレス戦=ブエノスアイレス(ロイター=共同)

 アルゼンチン・サッカー協会は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今季リーグ戦の残り試合を中止すると発表した。少なくとも2022年までチームの降格は行わない見通し。(AP=共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス