国際

米、食肉処理場に供給継続命令 集団感染で工場閉鎖に懸念

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は28日、戦時に制定された国防生産法に基づき、食肉処理業者に対し、市場への牛肉や豚肉、鶏肉の供給を継続するよう命じる大統領令に署名した。大手の食肉処理場で従業員の新型コロナウイルス集団感染が相次ぎ、工場が閉鎖に追い込まれるなどして食肉の供給が不足する懸念が出ていた。

 AP通信によると、集団感染により中西部サウスダコタ、アイオワ両州にある全米最大規模の食肉処理場2カ所を含め計20以上の工場が閉鎖に追い込まれた。ほかの工場でも生産能力が落ちているという。

 ホワイトハウスは声明で「食料供給網に甚大な打撃を与える」と指摘した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス