社会

千葉県もパチンコ店公表へ 休業要請応じない場合

 千葉県の森田健作知事は29日、休業要請に応じず営業を続ける県内のパチンコ店について、新型コロナウイルス特措法45条に基づき、店名と住所を公表する方針を明らかにした。県庁で報道陣の取材に応じた。

 森田知事によると、28日夕時点で県内約400店舗のうち23店舗が営業していた。個別に休業を申し入れ、うち14店舗は30日までに応じると回答した。残る9店舗を県職員が5月1日に再訪問し、営業を続けていれば、同日中に県のホームページで店名を公表する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス