政治

緊急事態宣言、延長で調整 首相「解除厳しい状況」

 参院予算委で立憲民主党の蓮舫氏(右下)の質問に答える安倍首相=29日午後

 政府は29日、新型コロナウイルスの感染増加に対応する緊急事態宣言を延長する方向で調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。感染拡大に歯止めがかからず、5月6日の期限で解除するのは困難と判断した。安倍晋三首相は参院予算委員会で「6日に、緊急事態が終わったと言えるかどうかは、依然厳しい状況が続いている」と語った。全国一律の延長か、対象地域を絞るかが焦点で、5月5日までに最終判断する。

 政府関係者は「感染者数が減っておらず、現時点で解除するのは難しい」と語った。

 西村康稔経済再生担当相は、30日以降に政府の専門家会議を開催すると表明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス