国際

金正恩氏のレジャー船確認 衛星写真、東部元山滞在か

 14日に撮影された北朝鮮東部元山にある金正恩朝鮮労働党委員長の別荘周辺の衛星写真。(1)は長さ55メートルのレジャー船(2)は「テ島」(プラネット・ラボ/NKプロ提供、共同)

 【北京共同】米拠点の北朝鮮専門サイト「NKニュース」は28日、衛星写真の分析から、金正恩朝鮮労働党委員長の別荘がある東部元山で4月に入り、正恩氏らが使うレジャー船の動きが確認されたと伝えた。正恩氏が元山にいる可能性を示すものだとしている。

 正恩氏は今月11日の党政治局会議出席以降、公の場に姿を見せず、健康不安説が浮上。これに対し、韓国政府は正恩氏は会議後、平壌を離れて元山に移動したと分析。正恩氏が手術を受けたとの一部報道を否定し、異変はないと強調している。

 NKニュースによると、長さ55メートルと長さ50メートルのレジャー船2隻が確認された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス