スポーツ

中日・小笠原は調子上向き 「早く開幕してほしい」

 キャッチボールする中日・小笠原=ナゴヤ球場

 中日の小笠原慎之介投手が開幕を待ちわびている。今春のオープン戦では3試合、15回で8失点と振るわなかったものの、ここにきて調子が上向いているようで、29日は担当記者の代表取材に「早く開幕してほしい気持ちが強い」と力強く答えた。

 この日はナゴヤ球場で練習。キャッチボールでは変化球も交えた。長いイニングを投げるための体の使い方や投球時の腕の位置を確認し「日に日に力の使い方がうまくなっている」と手応えを実感した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス