スポーツ

オリックス漆原、実戦意識の練習 2年目右腕「勝利に貢献したい」

 キャッチボールするオリックスの漆原=大阪市(球団提供)

 2月に育成選手から支配下選手登録されたオリックスの漆原大晟投手は、実戦を意識した練習でレベルアップを図っている。30日は50球の投球練習などに取り組み「ただ投げるだけにならないように、走者を想定しながらクイックなども取り入れて、真っすぐや変化球の精度に意識を持っていっている」と球団を通じてコメントした。

 新潟明訓高から新潟医療福祉大を経て、育成ドラフト1位で入団して2年目。球威のある直球を武器に、先発枠入りも期待される23歳の右腕投手は「1試合でも多く1軍のマウンドに立って勝利に貢献したい」と開幕を待ちわびている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス