スポーツ

阪神・西勇投手、マスク寄贈 医療機関に4万枚

 阪神の西勇輝投手

 プロ野球阪神の西勇輝投手が30日、新型コロナウイルス感染拡大で不足する医療用マスクを、大阪府と兵庫県の医療機関に4万枚寄贈すると発表した。兵庫県西宮市の甲子園球場での自主練習後に、オンラインで取材に応じ「全体的にマスクが足りていない状況。見ていてもどかしさもあった」と心境を語った。

 マスクは知人を通じて購入し、5月上旬に医療機関に届く予定。治療に当たる医療従事者には「日本のために頑張ってくれていることは本当にうれしい。コロナにかからないように、最善を尽くして頑張ってほしい」とエールを送った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス