社会

茨城・常総でヒアリ約10匹確認 人的被害なし、本年度初

 茨城県は30日、常総市の事業所に搬入されたコンテナ内で20日に、特定外来生物のヒアリ約10匹が見つかったと発表した。発見時に全て殺虫処理し、刺されるといった人的被害はなかった。環境省によると、ヒアリの確認は本年度に入り全国で初めて。

 コンテナは、3月22日に中国福建省アモイを出港、東京港で陸揚げされ、陸路で輸送された。荷下ろし時に作業員が床を移動するヒアリを発見、国に連絡した。すべて働きアリとみられ、女王アリは確認されていない。

 ヒアリは春ごろから活動が活発になるとされる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス