経済

東京円、106円台後半

 休日明け30日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台後半で取引された。

 午後5時現在は休日前の28日と比べ48銭円高ドル安の1ドル=106円59~61銭。ユーロは05銭円高ユーロ安の1ユーロ=116円00~04銭。

 新型コロナウイルス感染拡大による米国経済への悪影響を和らげるため、連邦準備制度理事会(FRB)は29日、事実上のゼロ金利政策と量的緩和の継続を決定。金融緩和が長期化するとの見方から日米金利差の縮小を見込んだ円買いドル売りが出た。

 米国の実質国内総生産(GDP)速報値が市場予想を下回ったことも円高に拍車を掛けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス