国際

金正恩氏が宣伝活動家に感謝 約20日間姿見せず

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は1日、金正恩党委員長が「大衆を党政策貫徹へと鼓舞している模範的な扇動員、5戸担当宣伝員に感謝を送った」と1面で伝えた。具体的な日時には触れていない。

 正恩氏は4月11日の党政治局会議出席が翌12日に伝えられて以降、20日間近く公の場に姿を見せておらず、健康不安説が持ち上がっている。

 一方、外国首脳宛ての正恩氏名の祝電や、国内の活動家らへの感謝伝達に関する報道は途絶えていない。韓国政府は、正恩氏が政務を続けており、異変はないと強調している。

 「5戸担当宣伝員」は5世帯ごとに定められる党政策の宣伝担当者。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス