スポーツ

サッカー香川らマスクを寄付 コロナ対策の支援で20万枚

 サッカー元日本代表の香川真司(サラゴサ)やバドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)らのマネジメント会社「UDN SPORTS」は1日、新型コロナウイルス対策への支援として、全国の学童や医療従事者向けにマスク20万枚の寄付を発表した。

 サッカーの柴崎岳(デポルティボ)や原口元気(ハノーバー)、陸上男子のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)ら契約75選手が資金を出し合い、マスクとともにメッセージレターなども配布。「#つなぐ」プロジェクトと題した活動を展開し、会員制交流サイト(SNS)を活用したイベントも開催する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス