スポーツ

黒田、新井両氏がマスク7万枚 医療従事者支援で広島県に

 プロ野球広島OBの黒田博樹氏と新井貴浩氏が1日、新型コロナウイルスに対応する医療従事者らを支援するため、広島県に2人で計7万枚のマスクを寄付した。

 広島県は県内の感染症指定医療機関などに配布する予定。

 2人は2016年に投打の中心選手として広島の25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス