国際

金正恩氏、20日ぶり活動と報道 重体説打ち消し健在誇示

 1日、北朝鮮・順川の肥料工場完工式でテープカットを行う金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、金正恩朝鮮労働党委員長がメーデーの1日、中部の平安南道順川の「順川リン酸肥料工場」の完工式に出席し、テープカットを行ったと報じた。重体説も出ていた正恩氏の公開活動が伝えられたのは20日ぶり。党機関紙、労働新聞は1面に写真を掲載して大々的に報道、健在を誇示した。

 正恩氏は4月11日の党政治局会議出席が12日に伝えられた後、15日の故金日成主席の生誕記念日にも姿を現さず、健康不安説が浮上。米CNNテレビは正恩氏が手術後、重体に陥っているとの情報があると報じていた。日米などは写真を基に引き続き分析を進める。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス