スポーツ

ドイツ1部ケルンで3人が陽性 シーズン再開目指す

 【ベルリン共同】今月中の再開を目指すサッカーのドイツ1部リーグで1日、ケルンが所属する選手やスタッフを対象とした新型コロナウイルス検査で3人陽性だったと発表した。

 氏名は公表せず、選手であるかも明らかにしていない。いずれも無症状で、14日間の自主隔離となる。ドイツではシーズン再開に向けて1、2部の全クラブでウイルス検査が始まっている。

 ドイツ・リーグで新型コロナ対策の作業部会の責任者を務めるマイアー氏は、徹底した検査で感染拡大のリスクを減らせると主張。今回の陽性は、再開への流れを損なわないとの見方を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス