スポーツ

巨人田口、古里広島にマスク寄付 1万枚、医療従事者らを支援

 出身地の広島県にマスクを寄付し、動画でメッセージを送る巨人・田口(球団提供)

 巨人は3日、田口麗斗投手が新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者らを支援するため、出身地の広島県にサージカルマスク1万枚を寄付したと発表した。同県内の感染症指定医療機関、帰国者・接触者外来設置医療機関など42施設に配布される予定。

 田口は「子どもの頃に長期入院を経験し、病院の方々に何か恩返しがしたいと思っていた」と話した。湯崎英彦広島県知事は「開幕日程も決まらない不安な状況の中でも、広島のことを忘れずご支援をいただき大変うれしく思う」とコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス