スポーツ

巨人の丸、ブルペンで目慣らし 少年時代の憧れも明かす

 ブルペンの打席に入り、投球を見る巨人の丸=川崎市のジャイアンツ球場(球団提供)

 巨人の丸佳浩外野手が4日、川崎市のジャイアンツ球場での非公開練習で、ブルペンの打席に入り生きた球で目慣らしした。鍵谷陽平投手の球筋を確認して意見交換。「バッティング練習とはまた違った感覚、間合い、距離感があり、いい練習になった」と球団を通じてコメントした。

 5日の「こどもの日」にちなみ、少年時代のヒーローが、巨人や米大リーグ、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏と阿部慎之助2軍監督だったと明かした。「よく見ていた。同じ右投げ、左打ちでしたし、憧れでした」と思い返した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス