国際

WHO、台湾参加は加盟国の判断 総会巡り事務局は権限なしと強調

 ジュネーブの本部に掲示されたWHOのロゴ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)当局者は4日の記者会見で、18日からテレビ電話方式で開催されるWHO総会への台湾参加の是非については「加盟国が決めることだ」として、WHO事務局として判断する権限はないと強調した。中国が反対する台湾の参加の問題について、既に2カ国から総会で取り上げるように正式に提案がなされているという。

 また新型コロナウイルスを巡り、台湾当局が昨年12月に、中国湖北省武漢市で隔離治療が行われているとメールで通知したとの指摘に対しては「報道内容についての問い合わせだった」として、「人から人への感染」の警告では全くなかったと主張した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス