国際

米地方紙にピュリツァー賞 アラスカの治安実態暴く

 新型コロナの影響で人けのないニュースルームでピュリツァー賞を喜ぶ「アンカレジ・デーリー・ニューズ」のホプキンス記者(右)と、地元テレビ局でニュースアンカーを務める妻=4日、アンカレジ(アンカレジ・デーリー・ニューズ提供、AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米コロンビア大は4日、優れた報道をたたえるピュリツァー賞を発表した。最高の栄誉とされる公益部門には、警官不足のため治安維持機能が失われている米北部アラスカ州の過疎地域の実態を暴いた地元紙「アンカレジ・デーリー・ニューズ」と調査報道専門メディア「プロパブリカ」を選んだ。

 過疎地域で警官のなり手がおらず、専門の訓練をほとんど受けていない女性や犯罪歴のある男性が務めている実態を伝え、性的犯罪などが野放しとなっている現実を暴露した。

 選考委員会は、報道によって「何十年間も放置されてきた」問題に当局が取り組み、法改正などにつながったと評価した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス