スポーツ

広島の上本、課題の打撃磨く 「強く振らないと駄目」

 打撃練習する広島・上本=マツダ

 広島の上本崇司内野手が課題とする打力アップに余念がない。5日にマツダスタジアムで励んだフリー打撃では力のこもったスイングを繰り返し「練習から強く振らないと駄目」と汗を拭った。

 主に代走、守備固めで起用されるムードメーカーは昨季までの7年間で安打は9本。紅白戦でも打席に立てないことがあり「思い返すとむかつく」と、反骨心を胸に「打って出塁」をテーマに掲げる。両打ちから昨季途中、右打ちに専念。会沢に助言を受け、バットの出し方などに注意し、複数のティー打撃を行うなど工夫を凝らしている。

 コイの季節になっても球音は戻らない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス