ウイルス起源説で中国が米に反発 武漢研究者「亡命デマ」も

 【北京共同】中国湖北省の中国科学院武漢ウイルス研究所が新型コロナウイルスの起源だとの証拠があるとポンペオ米国務長官が述べたことに対し、共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は5日、ポンペオ氏は「うそが習い性となっている」と猛反発した。

 一方、ウイルスの起源に関する議論の高まりに伴い、中国のインターネット上では同研究所のウイルス専門家石正麗氏が欧州へ逃れ、米国大使館に保護を求めたとの情報が拡散。中国メディアは5日までに「国を裏切り亡命したとのデマはあり得ない」とつづった石氏の会員制交流サイト(SNS)の投稿を紹介した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス