国際

研究所から流出「まだ不明」 米軍、政権主張に慎重姿勢

 【ワシントン共同】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は5日、国防総省で記者会見し、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出したとの説について「まだ分からない」と述べた。トランプ大統領が流出説に「自信」を示すなど政権幹部が対中批判を強める中、米軍として慎重に分析する姿勢を示した。

 ミリー氏は、新型コロナは人為的に作られたものではないとの見方を強調。起源が武漢のウイルス研究所なのか市場なのかについては不明で「結論付けるだけの証拠はないが、恐らく意図的に流出されたものではないだろう」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス