スポーツ

オリックス西野、レベルアップを 内野の定位置獲得へ意欲

 守備練習するオリックス・西野=大阪市(球団提供)

 オリックスの6年目、西野真弘内野手が定位置獲得へ燃えている。6日は大阪市内の球団施設で打撃や守備練習などに励み「全体的なレベルアップができるように練習している」と球団を通じてコメントした。

 2年目の2016年に正二塁手として全試合出場を果たしたが、近年はけがに悩み、昨季は56試合出場にとどまり、オフに左足首の手術を受けた。エースの山岡泰輔を参考に、体の使い方を意識したトレーニングを取り入れ「今しかできないようなことにも取り組んでいる」と意欲的だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス