経済

東京円、106円台前半

 連休明け7日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台前半で取引された。

 午前10時現在は連休前の1日に比べ71銭円高ドル安の1ドル=106円22~23銭。ユーロは2円59銭円高ユーロ安の1ユーロ=114円66~67銭。

 新型コロナウイルスの発生源や貿易を巡る米中対立を背景に、低リスク資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。ドイツ連邦憲法裁判所が欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和策の一部を違憲と判断したことで、円高ユーロ安が進んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス