国際

イスラエル新政権発足へ 最高裁「法的問題なし」

 【エルサレム共同】イスラエルの最高裁判所は6日、与党「リクード」党首のネタニヤフ首相が最大野党トップのガンツ元軍参謀総長と結んだ連立政権の合意について「法的な問題はない」との判断を示した。地元メディアは、ネタニヤフ氏を首相とする新政権が13日にも発足する見通しだと伝えた。

 昨年4月以降に3度の国会総選挙が行われるなど長期化していたイスラエルの政治混乱が、ようやく収束に向かう見込みとなった。最高裁は収賄罪で起訴されたネタニヤフ氏が新政権の組閣を行うことにも「問題ない」との見解を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス