スポーツ

大リーグ機構、今季開催案提出へ 選手会との交渉へ一歩

 昨年のヤンキースタジアムでの開幕セレモニーの様子。田中将大がオリオールズ戦に先発し勝利した=2019年3月28日、米ニューヨーク(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ機構(MLB)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されているシーズンの開幕に向け、1週間以内に大リーグ選手会に開催案を提出する見通しになったと6日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。経営陣が案を承認し、選手会と具体的な交渉が始まれば、公式戦開始へ重要な一歩となる。

 既に12球団以上で、監督やゼネラルマネジャーが選手に調整のペースを上げるよう助言。中には最速で6月10日にキャンプを再開し、7月1日に開幕するとの前提で準備するよう促している球団もあるという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス