経済

3年半ぶり円高ユーロ安 一時114円台前半も

 連休明け7日の外国為替市場の円相場は対ユーロで急伸し、一時1ユーロ=114円台前半を付けた。2016年11月以来、約3年半ぶりの円高ユーロ安水準。東京市場では114円台後半でもみ合った。

 午後5時現在は連休前の1日に比べ2円41銭円高ユーロ安の1ユーロ=114円84~88銭。ドルは58銭円高ドル安の1ドル=106円35~36銭。

 ドイツ連邦憲法裁判所が欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和策を一部違憲と判断したことで、ECBの政策運営に不透明感が強まり、円を買ってユーロを売る動きが先行。ユーロ圏経済の先行き懸念もユーロ売りの材料となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス