経済

スイッチ好調、任天堂は増収増益 20年3月期

 任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」

 任天堂が7日発表した2020年3月期連結決算は、売上高が前期比9・0%増の1兆3085億円、純利益は33・3%増の2586億円だった。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調で、増収増益を確保した。21年3月期の連結業績は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で減収減益を予想する。

 19年度のスイッチの販売台数は前期の1695万台を大きく上回り、2103万台を記録した。19年9月に発売した携帯専用の「ニンテンドースイッチ ライト」が、このうち619万台を占めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス