「人の移動控える対策を」 日医幹部、緊急事態解除で

 日本医師会(日医)の釜萢敏常任理事は7日の記者会見で、政府が検討している緊急事態宣言の一部解除について、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために「少なくとも5月末までは、県をまたいだ人の移動を控えてもらうような対策をするべきだ」と強調した。

 釜萢氏は、感染者が少ない都道府県で宣言を解除すれば、多くの人が流入する恐れがあると指摘。「事前に対策を取れるか、しっかり決めないといけない」と述べた。

 宣言解除の判断材料となる医療の逼迫状況に関しては、「国は都道府県と緊密に情報交換をして判断するべきだ」と注文を付けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス