国際

ドイツ記者、元仏大統領を告訴 取材で「セクハラ被害」

 ジスカールデスタン氏(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】8日付のフランス紙ルモンドは、1974~81年に同国大統領を務めたジスカールデスタン氏(94)について、ドイツ人女性記者(37)が2018年に取材した際、尻を触られたとしてパリの検察当局に性的暴行の疑いで今年3月に告訴したと報じた。

 元大統領の側近はルモンドに対し「もし事実とすれば(元大統領は)遺憾に思うだろうが、本人は何も覚えていない」と述べた。

 記者は18年12月、ドイツ公共放送のインタビューでカメラマンらと元大統領のパリの事務所を訪問。取材後、一緒に写真を撮りたいと求めると、元大統領が応じた際などに腰や尻を繰り返し触ってきたという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス