国際

捜査資料開示差し止め請求 ロシア疑惑でトランプ政権

 【ワシントン共同】トランプ米政権は7日、ロシア疑惑を巡る捜査資料の開示を差し止めるよう連邦最高裁に請求した。米メディアが報じた。連邦高裁は3月に下院司法委員会の訴えを認め、ロシア疑惑を捜査したモラー元特別検察官のチームが収集し大陪審が機密扱いにした調書などの資料を開示するよう司法省に命じていた。

 モラー氏が司法省に提出した448ページの捜査報告書では黒塗りにされた部分が多く、非公開部分の内容に注目が集まっている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス