スポーツ

巨人の菅野、変化球増やし44球 着実な調整ぶり

 投球練習する巨人の菅野=8日、川崎市のジャイアンツ球場(球団提供)

 巨人の菅野智之投手が8日、川崎市のジャイアンツ球場で投球練習を行い、これまでよりも変化球の割合を増やして44球を投げた。投手陣の中で最初にブルペン入りし、さまざまな球種の精度を確認。感触について「カットボールはいまいちだったが、スライダーは良かった」と球団を通じてコメントした。

 新型コロナウイルスの影響で自主練習が続く中、着実に段階を踏んで仕上げてきている。視察した三沢興一投手コーチは「個人練習の中で体調をキープしながら、状態が上がってきている印象だね」とエースの調整ぶりに目を細めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス