国際

「米が軍駐留負担5割増を提案」 韓国メディア報道、交渉長期化へ

 【ソウル共同】複数の韓国メディアは8日、2020年以降の在韓米軍駐留費の負担割合を巡る交渉で、米側が19年の韓国側負担額の約50%増となる13億ドル(約1382億円)規模を提案したと報じた。米政府高官の話としている。トランプ米大統領らが負担増を要求する中、韓国側は19年比で約13%増は許容していたとされるが、大幅増には難色を示すとみられ、交渉はさらに長期化しそうだ。

 約50%増の米側提案について、聯合ニュースは「韓国が受け入れられない水準」との外交筋の話を伝え、「交渉が長期間、膠着状態に陥る可能性がある」と指摘した。

 在日米軍駐留費の交渉も今年始まる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス