経済

米IT、今年後半まで在宅勤務可 柔軟対応、他企業に影響か

 アマゾンのロゴ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米アマゾン・コムや米フェイスブックが相次ぎ、社員の在宅勤務を今年後半まで認める方針を明らかにした。米国で新型コロナウイルスに伴う外出規制を緩め、経済活動を再開する動きが徐々に広がる中で、IT大手の柔軟な働き方は他企業に影響を与えそうだ。

 アマゾンは、在宅勤務で対応できる職務の社員は少なくとも10月2日まで認める。職場では、物理的な距離を確保したり、検温を実施したりして「出勤を選んだ社員の安全に尽力する」(広報担当者)としている。

 フェイスブックは、大半のオフィスを7月上旬まで開けない見通しだ。社員の在宅勤務は年末まで認める。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス