国際

米カリフォルニア州が郵送投票へ 大統領選、全有権者対象

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のニューソム知事は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選で郵送による投票を可能にする措置を取ると発表した。州の全有権者約2千万人に投票用紙を送付し、併せて投票所も設置、いずれかの投票方法を選べるようにする。

 大統領選では郵送投票をどの程度拡大するかが焦点の一つ。投票率が上昇し野党民主党に有利に働くとの見方が一部で上がる中、トランプ大統領は反対しており、全米で最大の人口を抱えるカリフォルニア州の決定が他州に影響を与えるかどうか注目される。

 民主党のニューソム知事は郵送投票は最善の方法と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス