国際

黒人射殺、警察の消極対応に批判 米、動画拡散で世論沸騰

 8日、米ジョージア州ブランズウィックで、アーベリーさん射殺事件への抗議デモに参加した人たち(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米南部ジョージア州ブランズウィックで2月、ジョギング中の黒人男性(25)が射殺される事件があり、地元捜査当局は今月7日に白人の親子を殺人容疑などで逮捕した。犯行の瞬間を撮影したとされる動画がインターネット上で広がるまで、2カ月以上も警察は立件に消極的で、対応が人種差別的だとして批判が噴出している。

 逮捕されたのは元警官のグレゴリー・マクマイケル容疑者(64)と、息子のトラビス容疑者(34)。2月23日昼、自宅近くをジョギングしていた黒人のアマード・アーベリーさんを射殺した疑いが持たれている。

 警察は当初、2人の身柄拘束を見送っていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス