国際

中国、先端技術の新研究選定へ コロナ後見据えハイテク戦略継続

 【北京共同】中国政府が国を挙げたハイテク発展戦略「中国製造2025」を新型コロナウイルスの世界的感染拡大の中でも継続、新たな研究プロジェクトの選定作業を始めたことが9日分かった。中国は米国の抵抗を受け対外的には同戦略への言及を避け続けているが、国力の源となるハイテク能力を向上させ「コロナ後」の世界の技術覇権を狙う姿勢が明確になった。

 トランプ米政権は同戦略を補助金などによる行き過ぎた国内産業保護の象徴と見なして警戒。感染拡大で米経済が停滞する中で進む中国の動きに反発しそうだ。中国のハイテク戦略が、米中貿易協議の第2段階で焦点になるのは必至だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス