スポーツ

中日の阿部、自分で初プレゼント 10日の母の日に向け

 ノックを受ける中日・阿部=ナゴヤ球場

 昨季、中日の正二塁手に定着した阿部寿樹内野手が10日の母の日に向けて「体は大丈夫かと声を掛けてくれる。姉に頼んでいたが、今年は初めて自分でプレゼントした」とコメントした。9日、担当記者の代表取材に応じた。

 2015年のドラフト会議で指名されてから1週間後、父の勇一さんにがんが見つかった。試合を見に来てもらうことはかなわず1年後に亡くなり、母の美世子さんには名古屋まで観戦に来てもらっている。今年は地元東北での交流戦も中止になり「1軍の選手として東北で見てもらいたかった」と残念がった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス