スポーツ

サッカー女子、モーガンが出産 第1子、W杯の米2連覇に貢献

 アレックス・モーガン=2019年7月(UPI=共同)

 サッカー女子で昨年、米国のワールドカップ(W杯)2連覇に貢献したFWアレックス・モーガンが9日、第1子となる女児を7日に出産したことをツイッターで明らかにした。約3770グラムのふくよかな娘の写真を掲載し「予想以上に待たされたけれど、彼女が自分の道を歩んできた」と心境をつづった。

 30歳のモーガンは長く米国の中心選手として活躍し、2012年ロンドン五輪優勝も経験した。東京五輪の出場を目指し、妊娠後もトレーニングを続けていた。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス