国際

韓国大統領、危機克服へ団結訴え 就任3年「防疫で世界をリード」

 10日、ソウルの大統領府で演説する韓国の文在寅大統領(共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は就任3年となった10日、大統領府で演説し「国民の力で防疫戦線を堅く守り、新型コロナウイルスとの戦争を勝ち抜いてきた」と強調、「われわれは防疫で世界をリードする国となった」とアピールした。防疫や経済危機の克服に向け団結も呼び掛けた。

 ソウルのクラブで大型連休中に発生した数十人規模の集団感染にも言及し「最後まで警戒を強め、防疫の手綱を緩めてはならない」と強調した。コロナ対策を担う疾病管理本部の「疾病管理庁」への格上げも発表した。

 文氏は、厳格な防疫態勢から日常への転換でも「世界の手本になると確信している」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス