スポーツ

広島、藤井皓「体を大きく使う」 6年目、球威向上へ

 球威アップを目指し練習する広島・藤井皓=マツダ

 広島の藤井皓哉投手が球威アップを目指している。11日にマツダスタジアムで臨んだ投球練習では「体を大きく使う」ことを意識。遠投などで調整を重ねてきた中、「やってきたことをブルペンでできるか。思ったようなものが表現できていた」と納得顔だった。

 武器である直球とフォークボールを中心に、カットボールやシュートも交えて52球。「マウンドだと球場の雰囲気にのまれて、どうしても小さくなってしまう」という課題の克服に努めた。

 入団6年目。前田健太投手(ツインズ)の映像を参考にスライダーを投げてみるなど好奇心も旺盛。「試せる期間。いろいろ挑戦したい」と意欲的だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス