国際

ワクチン狙いハッキングか 米政権、中国警告へ

 【ワシントン共同】新型コロナウイルスの感染拡大を巡る米中対立に関し、米紙ニューヨーク・タイムズは10日、中国が米国のワクチン開発などのデータを狙ってハッキングやスパイ活動を行っているとしてトランプ政権が近く警告を発出する方針だと伝えた。複数の米当局者の話としている。実際に被害が出ているのかどうかは不明。

 トランプ政権は新型コロナ対策が遅れたと批判され、最近はホワイトハウス内での感染判明が相次いでいる。一連の中国批判は責任転嫁だとの指摘も根強く、警告でどこまでの根拠を示せるか注目される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス