スポーツ

DeNA楠本「練習時間増える」 開幕延期にも前向き

 打撃練習に取り組むDeNA・楠本=神奈川県横須賀市(球団提供)

 DeNAの3年目の楠本泰史外野手は新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されている状況を前向きに捉えている。11日、神奈川県横須賀市の2軍施設で打撃練習などで汗を流し「取り組みたい練習ができる時間が増えている。数多くバットを振ることを意識している」と球団広報を通じてコメントした。

 昨季、プロ初本塁打を代打逆転満塁で記録。打撃センスはチーム屈指で、熾烈な外野争いのダークホースと目される。「開幕後の思い描いている姿とプレーは、常に頭の中にイメージして練習に取り組んでいる」と頼もしかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス