スポーツ

ラグビー姫野選手らがマスク寄付 愛知・春日井に「ワンチームで」

 愛知県春日井市にマスクを寄付したラグビーの(左2人目から)長江有祐、姫野和樹、彦坂匡克の各選手。左端は伊藤太市長=11日、春日井市(同市提供)

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で活躍したトヨタ自動車所属の姫野和樹選手らが11日、ゆかりのある愛知県春日井市を訪れ、同市にマスク5千枚を寄付し「コロナに負けず頑張っていきましょう」と呼び掛けた。

 訪問したのは姫野選手のほか、同じくラグビートップリーグ所属の長江有祐選手と彦坂匡克選手。3人はいずれも同市にあるラグビー強豪の中部大春日丘高出身で、長江選手は「こういうときこそワンチームを体現しよう」と強調。マスクは今後、市内の保育園に保育士向けとして配られる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス