国際

ロシア、段階的に制限解除 12日以降、プーチン大統領表明

 11日、モスクワ郊外の公邸で閣僚らとテレビ会議を開いたロシアのプーチン大統領(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は11日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として3月30日から全土で実施してきた経済活動抑制や自宅待機を求める「非労働日」期間を11日で終了すると発表した。12日から段階的に制限を解除し、エネルギーや農業、製造業など基幹産業の活動を可能な限り再開する必要があると語った。

 プーチン氏は政府閣僚らとのテレビ会議で「感染拡大との闘いは終わっていない」と述べ、早急な制限解除は困難との考えを表明。12日以降の制限緩和の決定などは地域事情を熟知する地元首長に委ねる方針を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス